名曲解説:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲『秋』

名曲解説:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲『秋』

ニャンチーニ教授

クラシックの名曲解説…
今回はアントニオ・ヴィバルディバイオリン協奏曲第3番『秋』を紹介します!

クラーニャ

作曲家の紹介

作曲家データ
名前アントニオ・ヴィバルディ (Antonio Vivaldi)
誕生1678年3月4日(イタリア、ヴェネツィア)
死没1741年7月28日(オーストリア、ウィーン)
ジャンルバロック
職業作曲家、バイオリニスト、司祭
ヴィバルディはバロック期を代表する作曲家。バイオリニストとしても有名で、演奏旅行でヨーロッパ各地を周ったりもした。

残した作品の数は600をゆうに超える。ジャンルの幅も広いが、そのほとんどが協奏曲。生前はオペラの作曲家として有名だった。

速筆が自慢だったらしく、「写譜屋が写譜を行っている間に、協奏曲の全パートを作曲できる」と豪語していたらしい。その痕跡は荒れた筆跡が残された自筆譜で確認できる。

カトリックの司祭でもあったヴィバルディは、赤毛だったことから「赤毛の司祭」と呼ばれていた。ピエタ慈善院という施設で少女にバイオリンを教えていたこともあり、その少女達の楽団はヨーロッパ中から聴衆が詰めかけるほど人気だった。(元祖アイドルプロデューサー)

ヴィバルディはバロック時代が終わると、ほとんど演奏されることがなくなった。再評価されるきっかけになったのは、20世紀初頭にフリッツ・クライスラーが発表したヴィバルディの様式による協奏曲といわれている。この曲によりヴィバルディは再度注目を浴びることとなった。

ニャンチーニ教授による解説

楽曲データ
曲名バイオリン協奏曲第3番『秋』
作曲者アントニオ・ヴィバルディ
作曲年1721年頃
出版1725年
演奏時間約11分
作品番号RV 293、Op.8-3
ジャンル弦楽合奏曲

実りの秋を表現した曲

ニャンチーニ教授

バイオリン協奏曲第3番『秋』四季の3番目の曲じゃ。人々が収穫を祝う様子、宴のあとの静けさ、狩りの様子が描写されておるぞ
秋といえば食べ物!収穫も狩りも食べ物に関することだし、この感覚は万国共通ですね

クラーニャ

各楽章には秋に関する詩が

ニャンチーニ教授

この曲の各楽章には、秋に関する詩が付けられておる。それを紹介しながら、曲を解説していくぞ
日本語訳は、ウィキペディア日本語版のものを拝借しましたよー

クラーニャ

四季の解説は別のページで

ニャンチーニ教授

四季全体の解説は別のページでしているから、そちらを見てくれな
作曲理由などを詳しく解説してますよ!

クラーニャ

名曲解説:ヴィヴァルディの《四季》名曲解説:ヴィヴァルディの《四季》

第1楽章『小作農のダンスと歌』:アレグロ(急速に)

小作農たちが収穫が無事に終わり大騒ぎ。ブドウ酒が惜しげなく注がれる。彼らは、ほっとして眠りに落ちる。

ニャンチーニ教授

第1楽章は人々が収穫を祝う様子が描写されておる。どの国においても、秋は収穫の季節じゃからな
ドイツのオクトーバーフェスト、スペインのトマト祭り、秋の収穫祭は一大イベントですね

クラーニャ

第2楽章『よっぱらいの居眠り』:アダージョ・モルト(非常にゆるやかに)

大騒ぎは次第に弱まり、酒はすべての者を無意識のうちに眠りに誘う。

ニャンチーニ教授

第2楽章は、宴が終わって皆が寝静まった様子が描写されておるな。第1楽章の賑やかさと、良い対比になっておるじゃろう
『春』『夏』と続いて、この『秋』も第2楽章は夜の描写ですね

クラーニャ

第3楽章『狩り』:アレグロ(急速に)

夜明けに、狩猟者が狩猟の準備の為に角笛を携え、犬を従える。獲物は彼らが追跡している間逃げる。やがて傷つき獲物は犬と奮闘して息絶える。

ニャンチーニ教授

第3楽章は狩りの様子を描写しておる。秋は狩りの季節でもあるからな。動物達は冬に向けて秋に脂肪を蓄えるのじゃ。つまり野生の動物が一番美味しい季節なのじゃよ
日本も含めて、秋は狩猟が解禁されるハンティングのシーズンですよね。秋に山へ近づくときには、誤射されないように目立つ格好をしましょう!

クラーニャ

演奏を聴いてみよう

Antonio Vivaldi – Four Seasons *Autumn* – Frederieke Saeijs