名曲解説:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲『夏』

名曲解説:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲第2番『夏』

ニャンチーニ教授

クラシックの名曲解説…
今回はアントニオ・ヴィバルディバイオリン協奏曲第2番『夏』を紹介します!

クラーニャ

作曲家の紹介

作曲家データ
名前アントニオ・ヴィバルディ (Antonio Vivaldi)
誕生1678年3月4日(イタリア、ヴェネツィア)
死没1741年7月28日(オーストリア、ウィーン)
ジャンルバロック
職業作曲家、バイオリニスト、司祭
ヴィバルディはバロック期を代表する作曲家。バイオリニストとしても有名で、演奏旅行でヨーロッパ各地を周ったりもした。

残した作品の数は600をゆうに超える。ジャンルの幅も広いが、そのほとんどが協奏曲。生前はオペラの作曲家として有名だった。

速筆が自慢だったらしく、「写譜屋が写譜を行っている間に、協奏曲の全パートを作曲できる」と豪語していたらしい。その痕跡は荒れた筆跡が残された自筆譜で確認できる。

カトリックの司祭でもあったヴィバルディは、赤毛だったことから「赤毛の司祭」と呼ばれていた。ピエタ慈善院という施設で少女にバイオリンを教えていたこともあり、その少女達の楽団はヨーロッパ中から聴衆が詰めかけるほど人気だった。(元祖アイドルプロデューサー)

ヴィバルディはバロック時代が終わると、ほとんど演奏されることがなくなった。再評価されるきっかけになったのは、20世紀初頭にフリッツ・クライスラーが発表したヴィバルディの様式による協奏曲といわれている。この曲によりヴィバルディは再度注目を浴びることとなった。

ニャンチーニ教授による解説

楽曲データ
曲名バイオリン協奏曲第2番『夏』
作曲者アントニオ・ヴィバルディ
作曲年1721年頃
出版1725年
演奏時間約10分弱
作品番号RV 315、Op.8-2
ジャンル弦楽合奏曲

厳しい夏を表現した曲

ニャンチーニ教授

バイオリン協奏曲第2番『夏』四季の2番目の曲じゃ。耐え難い暑さや夏の嵐など、この季節の厳しさ表現した曲じゃぞ
夏って聞くと、活き活きした感じを思い浮かべるけど、全然違いますよね…

クラーニャ

各楽章には夏に関する詩が

ニャンチーニ教授

この曲の各楽章には、夏に関する詩が付けられておる。それを紹介しながら、曲を解説していくぞ
日本語訳は、ウィキペディア日本語版のものを拝借しましたよー

クラーニャ

四季の解説は別のページで

ニャンチーニ教授

四季全体の解説は別のページでしているから、そちらを見てくれな
作曲理由などを詳しく解説してますよ!

クラーニャ

名曲解説:ヴィヴァルディの《四季》名曲解説:ヴィヴァルディの《四季》

第1楽章:アレグロ・ノン・モルト – アレグロ(快活に、早すぎず – 快活に)

かんかんと照りつける太陽の絶え間ない暑さで人と羊の群れはぐったりしている。松の木も燃えそうに熱い。カッコウの声が聞こえる。そしてキジバトの囀りが聞える。北風がそよ風を突然脇へ追い払う。やって来る嵐が怖くて慄く。

ニャンチーニ教授

活き活きとした感じとは真逆の、生きるものすべてが暑さでぐったりしている様子が描かれておるな。激しいバイオリンはやがて来る嵐を予感させておるぞ
ヴィバルディは夏がよほど嫌いだったのかな?

クラーニャ

第2楽章:アダージョ(ゆるやかに)

稲妻と雷鳴の轟きで眠るどころではない、ブヨやハエが周りにすさまじくブンブン音を立てる。

ニャンチーニ教授

第1楽章で予感された嵐がついに来てしまったのじゃな。外は嵐、家の中には虫。ヴィバルディは夏に良いイメージを持っていなかったのじゃろう
第1番『春』と同じで、第2楽章は夜を描写しているんですね

クラーニャ

第3楽章『夏の嵐』:プレスト(きわめて速く)

嗚呼、彼の心配は現実となってしまった。上空の雷鳴と雹(ひょう)が誇らしげに伸びている穀物を打ち倒した。

ニャンチーニ教授

本格的な嵐の到来じゃ。日本の台風のように、嵐が豊かな実りを破壊していくぞ。夏に来る嵐は、ヴィバルディの故郷ヴェネチアの特徴じゃな
この曲は全曲を通して、夏のいい面が一つも表現されていないんですよね。ある意味凄いです…

クラーニャ

演奏を聴いてみよう

Antonio Vivaldi – "Summer" from four seasons