名曲解説:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲『冬』

名曲解説:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲第4番『冬』

ニャンチーニ教授

クラシックの名曲解説…
今回はアントニオ・ヴィバルディバイオリン協奏曲第4番『冬』を紹介します!

クラーニャ

作曲家の紹介

作曲家データ
名前アントニオ・ヴィバルディ (Antonio Vivaldi)
誕生1678年3月4日(イタリア、ヴェネツィア)
死没1741年7月28日(オーストリア、ウィーン)
ジャンルバロック
職業作曲家、バイオリニスト、司祭
ヴィバルディはバロック期を代表する作曲家。バイオリニストとしても有名で、演奏旅行でヨーロッパ各地を周ったりもした。

残した作品の数は600をゆうに超える。ジャンルの幅も広いが、そのほとんどが協奏曲。生前はオペラの作曲家として有名だった。

速筆が自慢だったらしく、「写譜屋が写譜を行っている間に、協奏曲の全パートを作曲できる」と豪語していたらしい。その痕跡は荒れた筆跡が残された自筆譜で確認できる。

カトリックの司祭でもあったヴィバルディは、赤毛だったことから「赤毛の司祭」と呼ばれていた。ピエタ慈善院という施設で少女にバイオリンを教えていたこともあり、その少女達の楽団はヨーロッパ中から聴衆が詰めかけるほど人気だった。(元祖アイドルプロデューサー)

ヴィバルディはバロック時代が終わると、ほとんど演奏されることがなくなった。再評価されるきっかけになったのは、20世紀初頭にフリッツ・クライスラーが発表したヴィバルディの様式による協奏曲といわれている。この曲によりヴィバルディは再度注目を浴びることとなった。

ニャンチーニ教授による解説

楽曲データ
曲名バイオリン協奏曲第4番『冬』
作曲者アントニオ・ヴィバルディ
作曲年1721年頃
出版1725年
演奏時間約10分
作品番号RV 297、Op.8-4
ジャンル弦楽合奏曲

四季の代表曲

ニャンチーニ教授

バイオリン協奏曲第4番『冬』四季の最後を飾る曲じゃ。第1楽章が有名じゃな。冬を描写しておるにもかかわらず、雪が登場しない点に注目じゃぞ
ヴィバルディの生まれ故郷ヴェニチアや、当時住んでいたマントバは、両方とも雪が積もらないんですよね

クラーニャ

各楽章には冬に関する詩が

ニャンチーニ教授

この曲の各楽章には、冬に関する詩が付けられておる。それを紹介しながら、曲を解説していくぞ
日本語訳は、ウィキペディア日本語版のものを拝借しましたよー。ちょっとアレンジを加えてますけど

クラーニャ

四季の解説は別のページで

ニャンチーニ教授

四季全体の解説は別のページでしているから、そちらを見てくれな
作曲理由などを詳しく解説してますよ!

クラーニャ

名曲解説:ヴィヴァルディの《四季》名曲解説:ヴィヴァルディの《四季》

第1楽章:アレグロ・ノン・モルト(快活に、早すぎず)

寒さの中で身震いしている。足の冷たさを振り解くために歩き回る。辛さから歯が鳴る。

ニャンチーニ教授

『春』の第1楽章に次ぐ、四季の有名なメロディーじゃ。寒く辛い冬の様子が描写されておるな。当時ヴィバルディが住んでおったマントバは、冬の最低気温がマイナスを下回る寒い地域じゃぞ
ヴィバルディが寒くて歩き回ってる様子が想像できますよ…

クラーニャ

第2楽章:ラルゴ(ゆったりと遅く)

暖炉の前で満足した時間を過ごす。その間、外では大雨が降っている。

ニャンチーニ教授

第2楽章は暖炉の前で至福の時間を過ごしている様子が描写されておるな。ヴェネチアやマントバは、冬に雨が多いのじゃ。土地柄じゃのう
ヴェネチアは水の都だし、マントバは湖に囲まれた街だから、雨が多いのかな?

クラーニャ

第3楽章:アレグロ(急速に)

私たちはゆっくりと用心深く、つまづいて倒れないようにして氷の上を歩く。しかし突然、滑って氷に叩きつけられた。起き上がって、氷の上を激しい勢いで走る。氷が裂けて割れる。頑丈なドアから出ると外は北風や南風がビュービューと吹いていく。そんな冬であるが、もうすぐ楽しい春がやってくる。

ニャンチーニ教授

第3楽章は割れそうな氷の上を歩く様子や、北風と南風が吹き荒れる様子が描写されておる。南風はシロッコと呼ばれるアフリカから吹く風で、アドリア海北方では3月になると吹き始めるようじゃ。おそらくじゃが、これが春の訪れを予感させておるのじゃろう
イタリアの気候に詳しくないと理解できない描写ですね…

クラーニャ

演奏を聴いてみよう

Vivaldi: Winter (from The Four Seasons) – English Chamber Orchestra/Stephanie Gonley