名曲解説:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲『春』

名曲解説:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲『春』

ニャンチーニ教授

クラシックの名曲解説…
今回はアントニオ・ヴィバルディバイオリン協奏曲第1番『春』を紹介します!

クラーニャ

作曲家の紹介

作曲家データ
名前アントニオ・ヴィバルディ (Antonio Vivaldi)
誕生1678年3月4日(イタリア、ヴェネツィア)
死没1741年7月28日(オーストリア、ウィーン)
ジャンルバロック
職業作曲家、バイオリニスト、司祭
ヴィバルディはバロック期を代表する作曲家。バイオリニストとしても有名で、演奏旅行でヨーロッパ各地を周ったりもした。

残した作品の数は600をゆうに超える。ジャンルの幅も広いが、そのほとんどが協奏曲。生前はオペラの作曲家として有名だった。

速筆が自慢だったらしく、「写譜屋が写譜を行っている間に、協奏曲の全パートを作曲できる」と豪語していたらしい。その痕跡は荒れた筆跡が残された自筆譜で確認できる。

カトリックの司祭でもあったヴィバルディは、赤毛だったことから「赤毛の司祭」と呼ばれていた。ピエタ慈善院という施設で少女にバイオリンを教えていたこともあり、その少女達の楽団はヨーロッパ中から聴衆が詰めかけるほど人気だった。(元祖アイドルプロデューサー)

ヴィバルディはバロック時代が終わると、ほとんど演奏されることがなくなった。再評価されるきっかけになったのは、20世紀初頭にフリッツ・クライスラーが発表したヴィバルディの様式による協奏曲といわれている。この曲によりヴィバルディは再度注目を浴びることとなった。

ニャンチーニ教授による解説

楽曲データ
曲名バイオリン協奏曲第1番『春』
作曲者アントニオ・ヴィバルディ
作曲年1721年頃
出版1725年
演奏時間約10分弱
作品番号RV 269、Op.8-1
ジャンル弦楽合奏曲

四季の代表曲

ニャンチーニ教授

バイオリン協奏曲第1番『春』四季の一番最初の曲じゃ。四季を代表する曲じゃな。第1楽章が特に有名じゃよ
四季といえばこの曲ですよね

クラーニャ

各楽章には春に関する詩が

ニャンチーニ教授

この曲の各楽章には、春に関する詩が付けられておる。それを紹介しながら、曲を解説していくぞ
日本語訳は、ウィキペディア日本語版のものを拝借しましたよー

クラーニャ

四季の解説は別のページで

ニャンチーニ教授

四季全体の解説は別のページでしているから、そちらを見てくれな
作曲理由などを詳しく解説してますよ!

クラーニャ

名曲解説:ヴィヴァルディの《四季》名曲解説:ヴィヴァルディの《四季》

第1楽章:アレグロ(急速に)

春がやってきた、小鳥は喜び囀りながら祝っている。小川のせせらぎ、風が優しく撫でる。春を告げる雷が轟音を立て黒い雲が空を覆う、そして嵐は去り小鳥は素晴らしい声で歌う。

ニャンチーニ教授

第1楽章は四季の中で一番有名なメロディーじゃ。ソロバイオリンが小鳥の鳴き声を華やかに奏でるぞ
季節の変わり目に嵐はつきものですね

クラーニャ

第2楽章:ラルゴ(ゆったりと遅く)

牧草地に花は咲き乱れ、空に伸びた枝の茂った葉はガサガサ音を立てる。羊飼は眠り、忠実な猟犬は(私の)そばにいる。

ニャンチーニ教授

第2楽章はソロバイオリンが静かなメロディーを奏でておる。ヴィオラの低い音は、犬の鳴き声を模しておるぞ
詩には直接書かれていないけど、春の夜を描写している楽章ですね

クラーニャ

第3楽章:アレグロ(急速に)

陽気なバグパイプにニンフと羊飼いが明るい春の空の下で踊る。

ニャンチーニ教授

第3楽章は第1楽章には劣るが有名なメロディーじゃ。ソロバイオリンが奏でるのはバクパイプの音じゃな
バクパイプってスコットランドのイメージがあるけど、イタリアでも使われていたのかな?

クラーニャ

ニャンチーニ教授

確かにスコットランドの物が一番有名じゃが、バクパイプ自体はヨーロッパはおろか中東やアフリカでも演奏されていたぞ。形は地域によって違うがのう

演奏を聴いてみよう

Vivaldi: Four Seasons/Quattro Stagioni – Janine Jansen – Internationaal Kamermuziek Festival

  • 『春』第1楽章 – 0:04
  • 『春』第2楽章 – 3:31
  • 『春』第3楽章 – 6:02